♪ りゅうピアノ教室 Diary ♪

佐賀県のピアノ教師の日常を、備忘録的に書いていきます。

Archive [2012年08月 ] 記事一覧

これをやれば猫背は治る!

NHK「あさイチ」ですご~く いいのがあってました。こどもの猫背を治すには、次の3つをやればいいらしいです。◆ごろごろ転がし ◆ダチョウ歩き ◆片足キャッチボール 詳しくは体調スッキリ!スタイルUP!猫背のび~る大作戦をみてね。生徒さんの猫背さん達にも 早速 実践中です!...

自閉症児さんのすばらしさを、また発見

小学5年生の自閉症児ちゃんは、3歳下の妹さんと一緒にレッスンを受けられています。最近、その妹さんも自閉症と診断されたそうです。。。お姉ちゃんとは 違う種類の自閉症らしいですが・・・でも まったく 二人とも 障がいに負けてません。明るさ、元気さ、礼儀正しさは ピカ一!ただ・・・2人のピアノの進度は やはり ゆっくりではあります。この間も、いざ左右別々のメロディを、両手で弾かせようとするとなかなか 弾...

保護者さんのレッスン付き添い(同伴)

うちの教室では、「小学生以上の生徒さんの、保護者のつきそい(同伴)は不要です」と 皆さんに連絡したことがありました。だって・・・・・・皆様、とても熱心で家族全員で レッスンに付き添われたりするので何と言っても、まず、気を遣うし、楽器だらけの6坪のレッスン室が ますます狭くなるしでとてもやりずらくなってましたので。でも 結構 遠くからきてくださっている方も多いので車の中でお待たせするのは 忍びないし...

やはり音楽の持つ力はすごい!

89歳の母の介護を始めて 2ヶ月。何が一番大変かって?それは 母の昔話を聞くことなのです認知症の始まりなのか、現在のことは 全く覚えていられないのに昔のことは 細部にわたって覚えています。母はベッドの上だけの生活で 暇なのでしょう、とにかく 近くにいる人間に 昔話をしてきます。それも 繰り返し繰り返し・・・聞いてあげないと 不機嫌になりますが母の話につきあうと 仕事が全くはかどりません。そこで 私は...

車の免許を取りたがらない若者達

我が家の長男は「早く免許を取りたい」と言った口でしたが次男は 「車は危険だし、公共交通機関があるから 免許はいらない、なので免許はとらない」と だいぶ ごねました。私も夫も、16歳になるのを待ちかまえたように原付や自動二輪の免許をとり学校卒業後 速攻で 自動車の免許を取りに行った方なので息子の考えには 驚きました。「たいがいの就職には、免許は必要だよ」と夫と二人がかりで説得し 18歳の夏休みに な...

ゲーム依存?

生徒さんの大半は、ピアノの練習を良くがんばっておられるのですが一部、困った子ちゃんが!それは お母様もフルタイム働いておられるご家庭で、夏休みは誰も 監視する人がいないことをいいことに1日中 兄弟でゲームをしている・・・らしいのです。とうぜん、ピアノの練習もおろそかに。私の小学校の頃は、毎日プールへいき、セミとりしたりして真っ黒になって遊んでいたのに・・・ある意味 マンションの一室で とじこもって...

コンクールを終えての本音

こども達が大成長した、今回のグレンツェンコンクール。私はコンクールの間中、自分が演奏するより緊張し、見守ってました。結果を見て、なるほどと思うケースもあり、納得のいかない生徒さんのケースもありました。ある生徒さんは F先生からも「うまいねえ!」と言われていたのに 「準優秀賞」止まり。金賞や銀賞をねらっていたのに、かなり残念!F先生は、ピティナコンクールの全国大会で生徒を優勝させるくらいの大ベテラン。...

ありがたい「セブンイレブンのお食事お届けサービス」

脳梗塞で入院後、退院してきた母(88歳)を介護し始めて1ヶ月半。母はだいぶ元気になってきたとはいえ まだ歩けないのでベッド上だけの生活をおくっています。母は回復したい一心で 三度の食事の栄養バランスには 大変うるさく注文をつけます。歯が弱いので、柔らかくしたり、みじん切りにしたりしないといけないので我が家の家族用とは、毎食、別に作る必要もあり、私は母の食事作りと身の回りの世話とレッスンで毎日 ヘト...

右サイドメニュー

訪問された方の人数です

QRコード

QR