プロフィール
 

りゅう

Author:りゅう
佐賀市大和町で、りゅうピアノ教室
(http://www.geocities.jp/mizururyu/)を主宰しています。
日々感じたことを時々記していきたいと思っています。

訪問された方の人数です
 
QRコード
 
QR

 

2012年10月30日(火)
交差点上の事故

 
夫が 昨夜、会社帰りに 点滅信号 の交差点で

事故にあいました。

相手が 赤点滅にもかかわらず ブレーキをふまず

つっこんできたそう。

この場合、相手の方が過失は大きいとは思いますが

夫が1500ccの普通車だったのに対して、相手は軽トラック、しかも70歳代の方だったので

相手の方が体や車への衝撃が大きく 救急車で運ばれていかれたそうです。

夫も 今のところ大丈夫ですが

車は かなりへこんだそうなので(全損かもしれないらしい)

後から、むちうち等が出ないと いいのですが・・・

皆様も、点滅信号 のところは 

くれぐれも ご用心なさって下さいね・・・

 
 

2012年10月26日(金)
本当のやさしさって・・・

 
IMG_0868_convert_20121026233707.jpg

          ↑

    カマクラみたいなのに一緒に寝るチョビとノン♪


今までがむしゃらにレッスンし、数多くの生徒さんを育ててきた私ですが

最近、本当のやさしさとは・・・・

本当に、その子のためになることとは・・・

と よく考えるようになりました。
 
赤子の時は 肌を離すな

幼児の時は 手を離すな

子供の時は 目を離すな

少年の時は 心を離すな


という格言?がありますが

この中で 小学生低学年は

子供の時は 目を離すな

にあたるのでしょうか。

ということは 小学生低学年には、手をかしてはいけないのです。

「魚を与えるのではなく 釣り方を教えよ」

という時期でしょうか。

「手を貸したい気持ちをグッとこらえ、自力でできるようになるのを 見守る・・・」

これって 忍耐がいります。

でも 本当の教育とは

ピアノ教師なんかいなくても

本人が 一人で 楽譜を読めて 好きな曲を自在に弾けるようにしてあげること。

今までのように 手をかけすぎず

生徒さんを 見守ることができる

本当の強さ、優しさを持った ピアノ教師にならんばいかんね~

と チョビとノンに、話しかけている私でした。。。



 
 

2012年10月18日(木)
手がかかる子ほどかわいい?

 
日頃なかなか 練習してこなくて

手を焼かせられる、小学3年生の女の子がおられましたが

ついに 昨日のレッスンで 

「がんばったね!」

と言える瞬間が 訪れました

ピアノランドという教材を 1冊全部、復習させたら

全曲、完璧に弾けておられましたし

発表会の曲も意欲的にとりくんでくれていました

しかも、最近は、少し早めにきてもらい 練習してもらってますので

1時間休憩なしの、長時間レッスンなのですが 

ピアノとドリルに 真剣にとりくんでくれています。

思えば 譜読みが 苦手な子だったので

楽譜を 声に出して 読む訓練を たくさんやったのが

功を奏したのかな?

彼女には、今までとっても苦労しただけに 喜びもひとしおです

ピアノ教師冥利につきる 嬉しい1日でありました







 
 

2012年10月14日(日)
ピアノ発表会の選曲

 
IMG_0862_convert_20121014165616.jpg

    ↑
  今日のノン

さて、毎年、春に行う発表会の曲を、そろそろ選ぶ時期になりました。

うちでは、基本的には ジャンルを問わず、生徒さんの弾きたい曲に決めてますが

一部の方の選曲に悩みが・・・

小学5年のYちゃんは ゲーム音楽や アニメの曲を弾きたい、と言われるのですが

お母様は クラシックを!と言われます。

生徒さんは 毎年 成長されるので 

前年度「嵐やAKBを弾きたい」と言った子が

翌年は 「ショパンやベートーヴェンを弾きたい!」

と言い出されることも 良くあるので

私は、基本、「生徒さんの 好きな曲を 弾かせるのが一番いい」

とは思っています。

ただ、そのお母様の願望、みたいなのも 良くわかるので

う~ん、困った。

どうしよう・・・

ノンみたいに 寝てしまうか・・・

IMG_0865_convert_20121014165708.jpg

というわけにもいかず

私は、ギロックの「魔女の猫」というクラシックをYちゃんに提示し

「私はこれがいいとは思うけど あとはお母さんと 話し合って決めてね」

と 逃げちゃいました。

どうか うまく 決まりますように!

 
 

2012年10月11日(木)
導入用教材

 
ピアノ教師になって以来、試行錯誤してきた、導入用教材。

最近では もっぱら 樹原涼子先生の

「ピアノランド」を使用し、

一定の 成果も出てきていました。

ただ、3巻から 急に難しくなるし

併用ワークがないことに やや使いにくさを感じていました。

「ピアノランドテクニック」という併用本はありますが 

ドリルやワークではないので

結局、ヤマハ出版のWAKUWAKUおんがくドリルなどを 使用していました。

そんな中、 ヤマハの ピアノスタディ を思い出しました。

これは、昔は、ヤマハの講師だけが使えるテキストだったのですが

今は 誰でも 購入できるようになっています。

昔、ヤマハを辞めたとき 全教材を ヤマハに返本したのですが

ピアノスタディを返本するのは、とても 惜しかった記憶があります。

それなのに、なぜヤマハをやめたかって?

教材は良かったのですが ヤマハの講師は 生徒さんからいただくお月謝の

何割かを ヤマハに納めないといけないし 勉強会などで拘束されるし

けっこう大変だったんですよね~ 

それなのに、この教材は 講師をやめた私でも また 購入できる!

ヤマハの 音楽システムは とても良くできてるので、嬉しいです!

なんせ 我が子も ヤマハの幼時科に 通わせたぐらいですから。

難をいえば 月謝や入会金が高いことかな・・・

「グループレッスンは 譜読み力がつきにくい」などと

担当講師によっては 失敗例もありますが

きちんと カリキュラム通りにやれば 譜読み力、演奏能力、伴奏づけ、移調奏など

総合力が 身につくように 作られています。

そこで 10月からの 新規の生徒さんには 

ヤマハの「ピアノスタディレパートリー」、「ピアノスタディワーク」、「CD」の 3点セットで

レッスンを開始することにしました

現在は 私、ヤマハ講師ではないので お月謝も 安くできますし

ピアノランドも 大変楽しいので 副教材として 使ってはいきます。

まあ、結局は どんなに 良い教材でも 練習してこない子は うまくならないし

その子次第では あるんですけどね・・・・
 
 

2012年10月03日(水)
充電完了!

 
チョビと ノンも 充電中なのか・・・

IMG_0834_convert_20121003180431.jpg

ノンをアップにすると・・・

IMG_0835_convert_20121003180755.jpg

シンから 寝てて かわいい!← 親バカ

というふうに

猫たちは うまく 充電しているようですが

私は 生徒さんの都合に合わせて、レッスンを入れていたら 

お盆と お正月以外は お休みがない状態が 

30年ほど続いていました。

若い時は無理がきいたけど、母の介護もあるし

だんだん無理がきかなくなってきたので

お休みの日を、週に1度は作ろう、と決意し

まずは 今日!

久しぶりの休日でした。

まあ、5時起きの 家事は いつも通りですが

レッスンは なかったので

お気に入りの 吉野ヶ里温泉へ♪

ジェットバス、電気風呂、サウナ、露天風呂など 次々に 堪能し

ブルブルマシンに乗り、黒酢ドリンクを飲み、

マッサージ機で体をほぐす、という フルメニュー!

もう、最高! 

と~っても 元気になって帰ってきました。

充電完了だ! 

また 明日からがんばります!