コンクール対策・・・まず自分が勉強!

結局 昨日は 母の具合が少し悪く 

長時間、家をあけれそうになかったので

残念ながら、諫早での公開レッスンには行けませんでした。

でも、ピアラ公開レッスンでは、生徒のNちゃんが、モデル生だったので

後日、Nちゃんの報告を アップしたいと思います。

それで急遽、近くの コンクール指導ベテランのF先生に

他の生徒さんを みてもらいに行きました。

深く深く 掘り下げたレッスンを 聞いていると

まだまだ 自身の指導力のなさを 痛感!

私は 今まで、コンクール本選に対しては  

「予選を通過できただけでも すごいから 

それ以上 子どものうちから コンクールに必死にならなくてもいいのでは・・・

それより 基礎固めに時間を費やして、

アンサンブルなどの、楽しい経験をたくさんさせたい」

と、いう考えで 長年すごしていました。

しかし 夫から、昨日 

「その仕事をしている以上は 希望者には、とことん 上を目指させるのが 本当じゃないの?」

と 静かに 諭されちゃいました。

う~ん

やはり、そうかぁ。。。

夫は音楽には素人だけど 的を得た発言をするんですよねえ!

コンクールは 本当に 好きではないけど

自身への 課題として、勉強していきます  

ピアラ課題曲公開レッスン(in諫早)

佐賀新聞コンクールが終わって ホッとしたのもつかの間

次は ピアラコンクール本選が2月にあります。

今度の日曜に、長崎県諫早にて

課題曲の公開レッスンがある、

ということなので 遠いけど勉強しにいこう!

と はりきっています。

講師は審査員の 確井貴美子先生だそう。

本当は車で、大好きな山越えをしたいけど、

雪だと危ない。。。

おかしでも持って ピクニック気分で

電車で行ってきま~す♪

佐賀新聞ピアノコンクール本選

昨日、佐賀新聞ピアノコンクール本選がありました。

うちの教室からは 参加者6人全員が 

予選を通過でき、本選参加資格は、ありました。

ただ 他のコンクールに進路変更したりした生徒さんもいて

結局、本選は2人がトライしました。

あの横山幸雄さんもこられる、という本選ですから

簡単には賞に入らないだろう、と予想していましたが

小4のNちゃんが、実質3位にあたる 

「佐賀新聞文化センター賞」を受賞されました!!

小3のMちゃんの方は優秀賞でしたが

緊張の中 二人とも よくがんばりました!!

日頃から支えてくださっている保護者の皆様に感謝、そして最敬礼!

 《補足》 

元生徒さんのYちゃんが 超忙しい早稲田高校に通っているのに 

今回 あえて予選と違う曲で 本選にトライされました。

結果は「準グランプリ(2位)」。

予選は「グランプリ(1位)」だったので、

もし、今回も予選と同じ曲で 出場されてたら

今回もグランプリの可能性大!だったのですが

さらに 大きく成長するために

あえて 苦手な技術がたくさんもりこまれている新曲にトライした結果

準グランプリに・・・。

しかもグランプリと1点差・・・。

結果は 不本意だったのかもしれませんが 

忙しい中 あえて困難な道に挑戦された、その心意気に大拍手!!

グランプリ以上の 大成長を 遂げられたことと確信しています。

コンクールは がんばった過程と その後の成長が とても大事ですので!!

 




さあ、運動だ!

CA390217-0001 (5)

昨年から 室内飼いに移行したため めっきり おデブになってしまったチョビ。

たまには日光浴をさせなければ、と 夫が綱をつけて 外に。

家の中での表情より、なんだかイキイキしてる!!

さあ!!

次は私の番です。

母の介護で リズムが狂ったのを言い訳に プール通いをやめていた昨今。

プールに行く時間は なかなか取れないけど 

ブログタイトルに 負けないように できる限りの運動を心がけて、がんばります!

大きなボールを使ったストレッチ教室に 来週より参加する予定。

自宅での ラジオ体操とウォーキングも 毎日がんばります!

りゅうピアノ教室からのお知らせ

大変ありがたいことに 現在、多くの生徒さんに きていただいており、

新規の生徒さんは お受けできない状況です。

今年の3月23日の発表会以降は 

卒業生が出ますので また若干名 募集できるかと思います。

それまでどうぞよろしくお願い致します。

3~5歳児のレッスン

今だから 白状しますが 

実は私は、3~5歳ぐらいの生徒さんのレッスンは

とても 苦手でした。

だって まだまだじっとしていられないし、

気分屋のかたまりみたいな世代に 

ピアノを習得させるなんて・・・

と思っていましたし

いつも ぐったりなるぐらい、神経使ってレッスンしているわりには

空回りしているような気もしていました。

でも・・・・

この少子化の時代、

このおちびちゃん達を 大事に育てることが

将来につながっていくので 

私も 必死で勉強、工夫しました。

嬉しいことに 最近 その成果が 少しずつ出てきまして

年少さん~年長さんの 上達がとてもめざましいです

年長さんからのレッスンだと、「ピアノランド」という教材で無理なく進めますが

年少さんや年中さんの場合は、次のようにレッスンしています。

 ☆呉あきさんの うたとピアノの絵本+CDで歌ったり弾いたり。

 ☆同じく 呉あきさんの「4(5)歳からのソルフェージュ」でリズムうち。

 ☆キティちゃんやポケモンのおんぷカードやマグネットで音符を覚え、実際に弾かせてみる。

 ☆音感訓練用の旗で音あてをさせ お耳を訓練。
 
 ☆余裕がある子は、ピアノランドやおんぷを書くドリルも併用。

これだけのメニューをこなすので

いつも時間オーバーしてしまいますが

おちびちゃん達が 目を輝かせて レッスンを受けてくれるし

毎週 しっかり練習してきてくれるので とても 嬉しいです!!

ただ1人だけ 進度が遅い生徒さんが おられますが

まだ字が読めない子なので 耳を先に訓練したいと思っています。

でも 音楽のシャワーはたくさんあびせているので

いつかは開花してくれるでしょう。

ピアノを教え始めて30年以上・・・

時間かかったけど、やっと一人前になれつつあるのかな。。。。

 





ピティナピアノステップ

今まで私の教室の行事としては

年に1回の発表会(全員参加)

ピアラ検定(希望者)

コンクール(希望者)

を メインに行っていました。

ピティナステップは 

過去 2回 参加したことがありましたが

23ステップもあるし なんだかレベルが低い気がして

最近は参加していませんでした。

ところが 昨日 

何年か前に ピティナステップに参加したことがある生徒さんが

「またステップに出たい!」

と 目を輝かせて言われるのです!!

確かにステップは、

合格のシールが増えていくパスポートみたいなものがもらえるし

審査員の先生方の、暖か~い講評もいただけるし

子どもにとっては とても楽しく

自信もいただける、いい機会なのかもしれません。

コンクールは どうしても 神経をはりつめたレッスンになりがちだし・・・・

ステップみたいな場も 必要なのでしょうね。

これからは、ピティナステップも、どんどん参加させようと 思います。

    今後の予定

1月と2月:コンクール本選

3月:うちの教室主宰の発表会

6月:ピティナステップ   

     コツコツやっていきま~す♪       

            







塾のありかたに思うこと

今日 小学5年の女の子、Sちゃんのレッスン後 

そのお母様と中学受験について 話す機会がありました。

Sちゃんは 地元では最も有名な塾に行かれています。

Sちゃんは来春の中学受験に勝利するために

水泳も バレーボールもピアノも やめたいと

思っているらしいです。

お母様の方は ご自分が 医学部めざして

勉強ばかりの幼少時代をすごしてきたから 

子どもにさんには「勉強一色でなく、いろんなことを経験させておきたい」

と願っておられました。

そこの塾は「受験に勝利することだけが最高にすばらしいこと!」

と片寄った価値観で、こどもを洗脳されるのでイヤだ、

とも おっしゃっていました。

そこそこの価値観はあるでしょうが 

私は、「高校で進学校をめざすのはともかく

小学校時代は たくさん遊び、たくさん本を読むことが最も大切」

だと思っています。

もし 環境が許せるものなら「原っぱ」があれば尚、最高!

子どもは遊びを 何もない原っぱから生み出し

想像力や生きる力を 身につけるのでは?

能力がある子が、無理なく受験し、力を伸ばして行くのは 

すばらしいと思いますが

すべてを犠牲にしての、幼少からの受験はいかがなものか、

と思います。

塾も必死かと思いますが

勉強しか経験しない子どもが 

果たして将来 幸せになれるのかな・・・・

と 思わず考えちゃいました。

塾も 過剰な競争を、幼少からあおらないでいただきたいのですが

それが お仕事なので 仕方ないことなんでしょうか・。。。


◆後記

その後、結局 塾を もう少し ゆるやかなところに 変わることで

ピアノもバレーも続けられることになりました




3月のピアノ発表会に向けて

昨年4月に ファミリーコンサートを終えて

まだ1年もたっていないけど

次の発表会を3月に開催します。

私としては もう少し 間隔をあけたかったのですが

もうすぐ高校3年の生徒さん達が

受験モードになる前に、と思い 3月にすることに。

その子達にとっては最後の発表会なので

本当は ゲストも呼び 盛大に開催したいのですが

昨年が 家族参加型で すごく大がかりだったので

今年は おさらい会形式で シンプルに。

そのかわり、会場は、県で一番、音響の良い 

はんぎーホールを予約しました。

シンプルだけど 質の高い発表会にしていきたいです。

今日は 発表会のことを 1日中 考えて 頭がフリーズ状態

もっとフリーズしない容量のあるパソコン、

いえ、脳みそが欲しいデス。。。





あけましておめでとうございます。

いつも、この拙いブログを見てくださり 

本当にありがとうございます。

地味な、一ピアノ教師の日常ですので

たいしたことは書けませんが

自分を「水」に例えるなら

少なくとも「よどんだ水」ではなく

「常に流れ続ける水」でいたいと

願っています。

今年もよろしくお願いします。

追記・・・大掃除してたら、午前3時になっちゃいましたあ!

リンク
月別アーカイブ
訪問された方の人数です
QRコード
QR