2012.05.29 母の入院生活
母が脳梗塞で入院してから2週間がすぎました。

病院は車で15分ぐらいのところにあるので

私は毎日、顔は出しています。

脳の中脳というところに梗塞ができており

そこは視神経をつかさどるところらしいので

物が7重にみえ、結果的に歩けなくなっています。

手と口はしっかり動くのが、幸いですが

ほとんどの日常生活に、介助が必要になってしまいました。

私がいる時は トイレなど手伝うのですが

どうしても 日頃は看護士さんや介護士さんの

お世話になっています。

本当に感謝しているのですが

一部の職員の方々の冷たい対応に 

母と二人、とても傷つくことがあります。

職員の方々も 生身の人間、

たくさんの患者をかかえ、大変な労働をされているので 

ぶっきらぼうになられたり 

冷たい態度にならざるを得ないのかもしれません。

でも患者達も 好き好んで介助を受けているわけではないのです・・・

一人で 何でもやりたいのは山々なのです!

立場は違いますが、少なくとも 私は 

「どういう方に対しても、決して冷たい態度はとるまい!

真心の対応をしていこう!」


と 誓う今日この頃です。

そして 絶対治す!との強い気持ちで

母を励ましていきたいと思っています。 

 

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/103-4c22f779