我が家のとなりは神社なのですが、

そこの竹藪に3年前から 今の季節にでてくるようになり、

今朝5時半にも 出ていました

長さは10センチ以上あり、最初見た時は 

この見慣れぬ姿にびっくりし、

農林試験場に持ち込み、名前を教えてもらいました。

「キヌガサダケ」というそうです。

アミアミのベールをかぶっており、

早朝に出たかと思うと 数時間後には倒れてしまう。

中の白い部分は 中華料理では 高級食材ということで

うちでも 昨年はスープにしていただきました。

あまり味はしませんでしたが 独特の歯ごたえを楽しめました。

これから、数本は出てくると思うので 朝が楽しみです。

ところで 昨日は 母の転院だったのですが、

いろいろ大変だった1日を終え、ホッとしました・・・。

これから毎年 キヌガサダケを見ると 母の転院をきっと 思い出すんだろうな。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/109-9e0a5d65