2012.06.17 在宅介護
隣に住む母を介護する日々が始まりました。

母は自力で ポータブルトイレに移動できるので

つきっきりでいる必要はないのですが

歩くことはできないので

身の回りの世話全般が必要です。

私は 兄が4人いるので 皆で協力しあえば何とかなるさ、

と 楽観視していたのですが

夜中も眠れないし、仕事、家事、介護の両立の大変さに 

2日間で ダウンしそうになりました。

親の介護は、人として最も崇高な行為だと思うので

自分自身を誇りに思いますが

反面 親の立場で考えると(私も息子がいるので)

子どもに、自分の介護で迷惑をかけたくない、

との思いも、わかります。

でも できる限り最後まで

自宅ですごさせたいし・・・

介護のプロの方が 言われました。

「がんばりすぎると 必ずつぶれる、

いかに 楽をするかを考えて

訪問介護とか 公共の機関を利用しなきゃダメよ」

と。

なるべく早く ケアマネージャーさんと 会わないといけませんね。

いずれにしよ 後悔しないよう 

最善の道を模索していきたいと思っています。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/113-1ea4b8b1