2012.06.22 敬語の必要性
昨日 レッスンについてこられた若いお母様が

子どもさんと私のやりとりを聞いて

「りゅう先生はお友達ではない、先生なんだよ、

お友達とおしゃべりするみたいな態度をとっちゃダメ!」

とピシャリ、子どもさんに注意されました。

私自身の姿勢を注意されたようで ハッとしました。

ほとんどの子が、学校であったできごとなどを

友達みたいに、毎回おしゃべりしてくれますが

私は「子どもだから、敬語でなくてもいいよね、かわいいし」

と 思って接していましたが 間違いなのかもしれません。

物を教わる姿勢は まず 挨拶や言葉づかいから。

そういえば 上達している子は 皆 敬語を使っています!!

言葉づかいが変わると、心も変わるのでしょうね。

私自身は 立ててもらわなくても全然かまわないのですが

これからは、子どもさんの上達のために、あえて心を鬼にして 

うん →  はい

~なの? → ~ですか?

わかんない → わかりません


などと 言えるように注意していこうと思います。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/116-17ed1867