敬語の必要性
2012/06/22(Fri)
昨日 レッスンについてこられた若いお母様が

子どもさんと私のやりとりを聞いて

「りゅう先生はお友達ではない、先生なんだよ、

お友達とおしゃべりするみたいな態度をとっちゃダメ!」

とピシャリ、子どもさんに注意されました。

私自身の姿勢を注意されたようで ハッとしました。

ほとんどの子が、学校であったできごとなどを

友達みたいに、毎回おしゃべりしてくれますが

私は「子どもだから、敬語でなくてもいいよね、かわいいし」

と 思って接していましたが 間違いなのかもしれません。

物を教わる姿勢は まず 挨拶や言葉づかいから。

そういえば 上達している子は 皆 敬語を使っています!!

言葉づかいが変わると、心も変わるのでしょうね。

私自身は 立ててもらわなくても全然かまわないのですが

これからは、子どもさんの上達のために、あえて心を鬼にして 

うん →  はい

~なの? → ~ですか?

わかんない → わかりません


などと 言えるように注意していこうと思います。



関連記事
この記事のURL | レッスン風景 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<スローナイトコンサート第八夜、無事終了しました。 | メイン | 母の介護をする兄達>>
コメント
- NoTitle -
こんにちは。
敬語大切だと思います
言葉の、乱れが指摘されてますね。
小さいころから敬語を使えないと、大人になっても
使えない人がいますね。。。

僕は、方言にも敬語があると思うので
年輩の方などや、職業、雰囲気etcで使い分けてます
2012/06/22 12:29  | URL | libero #-[ 編集]
- libero さん、こんにちは♪ -
> 言葉の、乱れが指摘されてますね。

そうですよね・・・
若者特有の言葉は コミニュケーションの一種だから良いにしても
必要な時に必要な言葉は、話せるようになってほしいですね。

> 方言の敬語
いいですよねえ♪
佐賀弁でも 
いらっしゃった→ きんさった
など 暖かい言葉がたくさんあります。
今頃の子は「先生がきた!」と言いますが 
昔は「先生がきんさった」と 言ってたんですがね。。。
2012/06/22 13:42  | URL | りゅう #-[ 編集]
- NoTitle -
確かに言葉遣いは大切ですよ。私も子供に携わる仕事のお手伝いをしてますが、あいさつ、言葉遣いはその度に注意してますよ。うるさがられてるかもしれないけど、そこはその子の為と思い厳しくしてます。思うに、しつけは家庭でしっかりやって欲しいですね。
2012/06/22 13:52  | URL | はるちゃん #-[ 編集]
- はるちゃんさん、初コメありがとうございます♪ -
もしや あの はるちゃん?
今 少子化になり 子どもが必要以上に大切に育てられる時代になりました。
でも 逆に子ども達にとっては 就職もしにくいし 大変な時代ですよね・・・
だからこそ ご家庭と協力して、どんな状況でも乗り越えていけるような子に、
育てていけたらいいなあ、と思っています。  
2012/06/22 15:00  | URL | りゅう #-[ 編集]
- ふむふむ -
敬語を含めてコミュニケーション能力って大切ですよね~~

敬語だから堅く、冷たいってわけじゃないので、子供の頃から接することも必要ですね(^^♪

2012/06/22 15:09  | URL | kassii3 #-[ 編集]
- kassii3 さん、こんにちは♪ -
> 敬語だから堅く、冷たいってわけじゃないので、子供の頃から接することも必要ですね(^^♪

本当にそうですね!
温かみのある敬語を普及?させたいと思います♪
2012/06/22 16:55  | URL | りゅう #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/116-17ed1867

| メイン |