よその教室からうつってこられた小学4年のAちゃんのレッスンをしていた時のこと。

迎えにこられたお母様が、

「最近、娘の手のフォームがとてもキレイになった」

と喜んでおられました。

そういえば 確かに柔らかでとてもきれいなフォーム。

実はこれは、Aちゃん自身が「きれいな音を出そう

と 常に 音色 に気を配るようになったからなのです。

ぐちゃっとつぶれた手では きれいな音は 出せませんから

必然的に、きれいな手の形になっていったようです。

私は常日頃、手のフォームのことを 口すっぱく注意はしてますが

「技術も大事だけど 心がもっと大事」

と 改めて 思い知らされた一日でした。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/126-556be02f