89歳の母の介護を始めて 2ヶ月。

何が一番大変かって?

それは 母の昔話を聞くことなのです

認知症の始まりなのか、

現在のことは 全く覚えていられないのに

昔のことは 細部にわたって覚えています。

母はベッドの上だけの生活で 暇なのでしょう、

とにかく 近くにいる人間に 昔話をしてきます。

それも 繰り返し繰り返し・・・

聞いてあげないと 不機嫌になりますが

母の話につきあうと 仕事が全くはかどりません。

そこで 私は 音楽(cd)を聴かせることにしました。

クラシックのピアノ、チェロ、オーケストラ曲などを。

すると、予想以上に 母は 一生懸命聞き

1曲1曲の 作曲者の意図や 感情の動きまで

細部にわたって 分析しながら のめりこんで聞いていました。

「この曲は 失恋の曲みたいけど、途中は 楽しかったころを思い出してるとこがあるね」

などと言いながら。

その分析たるや 豊かな想像力を総動員して ストーリーを

作り上げているので おかしいやら 感心するやら。

でも 1日中 音楽を聴きながら 

感動して 涙をしょっちゅう流す母を見て

やはり 音楽の持つ力はすごい!!

と 再認識した1日でした。




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/136-e08f0f14