♪ りゅうピアノ教室 Diary ♪

佐賀県のピアノ教師の日常を、備忘録的に書いていきます。

Entries

自閉症児さんのすばらしさを、また発見

小学5年生の自閉症児ちゃんは、3歳下の妹さんと一緒にレッスンを受けられています。

最近、その妹さんも自閉症と診断されたそうです。。。

お姉ちゃんとは 違う種類の自閉症らしいですが・・・

でも まったく 二人とも 障がいに負けてません。

明るさ、元気さ、礼儀正しさは ピカ一!

ただ・・・2人のピアノの進度は やはり ゆっくりではあります。

この間も、いざ左右別々のメロディを、両手で弾かせようとすると

なかなか 弾けないので 次のようにやってみました。

まず 二台のピアノに、別々に座ってもらい

「妹さんは右手係~  お姉ちゃんは左手係~

はい、いっしょに弾いてみよう。

ほうら、キレイな曲になったね!

両手で弾けるとこんな感じになるんだよ~

今は二人で、一人分の曲を弾いているけど

これが 一人でできるようにがんばろうね!

では 今度は交代して反対の手を弾いてね~」

と 片手を、交代しながら何回も何回も、弾かせます。

それを経てから 一人で両手をあわせると 

比較的 スムーズに 両手奏ができるのですが

両手の響きになるたびに Mちゃんは

「うわあ~!きれい!きれい~!」

と 嬉しそうな声をあげられるんですよ!!

この感受性たるや!!

健常児のちびっ子達は 皆、両手で弾けるし、

よく指も動きますが

そこまで 響きの美しさを 味わっている子は

なかなかいないような気がします。

Mちゃんの「美しさを感じる心」で

私も また初心にかえらせていただきました。

Mちゃん、私にいろんなことを学ばせてくれて

いつも ありがとう!!











関連記事

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 現在非公開コメント投稿不可です。

右サイドメニュー

訪問された方の人数です

QRコード

QR