導入用教材
- 2012/10/11(Thu) -
ピアノ教師になって以来、試行錯誤してきた、導入用教材。

最近では もっぱら 樹原涼子先生の

「ピアノランド」を使用し、

一定の 成果も出てきていました。

ただ、3巻から 急に難しくなるし

併用ワークがないことに やや使いにくさを感じていました。

「ピアノランドテクニック」という併用本はありますが 

ドリルやワークではないので

結局、ヤマハ出版のWAKUWAKUおんがくドリルなどを 使用していました。

そんな中、 ヤマハの ピアノスタディ を思い出しました。

これは、昔は、ヤマハの講師だけが使えるテキストだったのですが

今は 誰でも 購入できるようになっています。

昔、ヤマハを辞めたとき 全教材を ヤマハに返本したのですが

ピアノスタディを返本するのは、とても 惜しかった記憶があります。

それなのに、なぜヤマハをやめたかって?

教材は良かったのですが ヤマハの講師は 生徒さんからいただくお月謝の

何割かを ヤマハに納めないといけないし 勉強会などで拘束されるし

けっこう大変だったんですよね~ 

それなのに、この教材は 講師をやめた私でも また 購入できる!

ヤマハの 音楽システムは とても良くできてるので、嬉しいです!

なんせ 我が子も ヤマハの幼時科に 通わせたぐらいですから。

難をいえば 月謝や入会金が高いことかな・・・

「グループレッスンは 譜読み力がつきにくい」などと

担当講師によっては 失敗例もありますが

きちんと カリキュラム通りにやれば 譜読み力、演奏能力、伴奏づけ、移調奏など

総合力が 身につくように 作られています。

そこで 10月からの 新規の生徒さんには 

ヤマハの「ピアノスタディレパートリー」、「ピアノスタディワーク」、「CD」の 3点セットで

レッスンを開始することにしました

現在は 私、ヤマハ講師ではないので お月謝も 安くできますし

ピアノランドも 大変楽しいので 副教材として 使ってはいきます。

まあ、結局は どんなに 良い教材でも 練習してこない子は うまくならないし

その子次第では あるんですけどね・・・・
関連記事
この記事のURL | ピアノ教材について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ピアノ発表会の選曲 | メイン | 充電完了!>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/151-a9e8d7bc
| メイン |