プロフィール
 

りゅう

Author:りゅう
佐賀市大和町で、りゅうピアノ教室
(http://www.geocities.jp/mizururyu/)を主宰しています。
日々感じたことを時々記していきたいと思っています。

訪問された方の人数です
 
QRコード
 
QR

 

2012年11月21日(水)
真の教育を施されている、佐賀大学附属小学校

 
佐賀大学附属小学校とは

地元では有名な お受験して入る国立の進学校です。

ピアノの生徒さんが 二人 通われており

一人は健常児のAちゃん、

一人は自閉症で特別クラスのMちゃん。

まず、感心した学校の決まり事の一つは 健常児さんにいたっては

どんなに ヘンピなとこに 住んでいても

「親は送り迎えをせず、自力で公共交通機関を利用して通わせること

が、入学の条件だということです。

うちの生徒さんは 1時間に1本ぐらいしかバスがなく

乗り換えも必要なとこに住んでおられます。

学校まで自家用車でストレートに行っても45分はかかるのに

バスだと片道1時間半はかかるのでは・・・

Aちゃんが1年生の頃、

お母様は 本当に心配でたまらなかったと思いますが

送り迎えはしてはいけないので

Aちゃんがちゃんと乗り換えができているかどうか 

毎日、乗り換え地点のバス停に先回りして、

遠巻きに確認されていました。

深い愛を感じますね。。。

佐賀では、自家用車で送っていった方がだんぜん早いのに!

それから

忘れ物をしても 親は 絶対届けてあげてはいけない」 

宿題忘れや忘れ物は、先生からしっかり 叱られて

次からは忘れないような子に育てる!

という、まさにその子の自立を考えた 真の教育を施されています。

そして自閉症さんのクラスですが

小学1年生からの合い言葉?は

「小学1年生から就職活動」

だそうです。

障がいをもたれている子達に 必要な教育は

「可能な限り一人で生きていける力」

を身につけさせることですよね。

そのMちゃん、いつもきれいな敬語でおしゃべりされますし

挨拶も人一倍きちんとできます。

附属小学校の教育の賜です。

このように、附属小学校は

お勉強は、もちろん県トップクラス、

その上で 真の人間教育に しっかり力を注いでおられます。

私は附属小学校とは、なんの縁もない者ですが、

生徒さんを見てて、「この小学校の姿勢っていいなあ」

と感心したので つい 記させていただきました


















関連記事
 
 
 

Comment


    
 

私の教育方針を実行されている学校あるんですね〜

近くだったら通わせたかったな〜

2012/11/21(Wed) | mew | URL | Edit
 

こんばんは、

こういうお話を聞かされると、僕は甘いなぁと
心にグサリと釘を刺される思いです。
良くない良くないと心の中での葛藤をしつつも
夫婦共々ついつい、送り迎えをしがちですし、
忘れものも届けてしまいます。

猛反省です。
うちの学校も学校方針としてそういうのをやってかなぁ
と思っている時点でもうダメ親ですね。
強くならないと。

2012/11/21(Wed) | naokichiman | URL | Edit
 

mew先生へ

> 私の教育方針

本当にそうですね。
先生の長年の実践が、素晴らしい娘さんに 
結果としてすべて現れています
私ももう一度 子育てをやり直せるものなら
やり直したいです。。。

2012/11/21(Wed) | りゅう | URL | Edit
 

naokichiman さんへ

私も 子どもが大きくなった今だからこそ
客観的に 考えることができますが
子育て真っ最中の時は 失敗だらけでしたe-263
もし、もう一度 子育てをやり直すことができれば
まず ボーイスカウトに入れ、お手伝いもたくさんさせ・・・・
などと妄想にふけっているんですよ♪

2012/11/21(Wed) | りゅう | URL | Edit