プロフィール
 

りゅう

Author:りゅう
佐賀市大和町で、りゅうピアノ教室
(http://www.geocities.jp/mizururyu/)を主宰しています。
日々感じたことを時々記していきたいと思っています。

訪問された方の人数です
 
QRコード
 
QR

 

2013年01月28日(月)
コンクール対策・・・まず自分が勉強!

 
結局 昨日は 母の具合が少し悪く 

長時間、家をあけれそうになかったので

残念ながら、諫早での公開レッスンには行けませんでした。

でも、ピアラ公開レッスンでは、生徒のNちゃんが、モデル生だったので

後日、Nちゃんの報告を アップしたいと思います。

それで急遽、近くの コンクール指導ベテランのF先生に

他の生徒さんを みてもらいに行きました。

深く深く 掘り下げたレッスンを 聞いていると

まだまだ 自身の指導力のなさを 痛感!

私は 今まで、コンクール本選に対しては  

「予選を通過できただけでも すごいから 

それ以上 子どものうちから コンクールに必死にならなくてもいいのでは・・・

それより 基礎固めに時間を費やして、

アンサンブルなどの、楽しい経験をたくさんさせたい」

と、いう考えで 長年すごしていました。

しかし 夫から、昨日 

「その仕事をしている以上は 希望者には、とことん 上を目指させるのが 本当じゃないの?」

と 静かに 諭されちゃいました。

う~ん

やはり、そうかぁ。。。

夫は音楽には素人だけど 的を得た発言をするんですよねえ!

コンクールは 本当に 好きではないけど

自身への 課題として、勉強していきます  

関連記事
 
 
 

Comment


    
 

No title

コンクールへの考え方、難しいですね。。。
個人的には、普段のレッスンでレベルアップを図り、コンクールだからとがんばらなくてもいい状態が理想!!
コンクールだからといって先生や親がお尻をたたいて必要以上に練習さすことには疑問を感じます。
子供のころに行ったとあるミュージックキャンプで、私たちフツーの子はアンサンブルだけで他の時間は遊び放題だったんだけど、同じ門下で毎年コンクールに出てる子はマスタークラスも受けてて、なんと親もついてきてフリータイムはずーっと練習してる子がいました。彼女は楽しかったのかなと思ったりします。

りゅうさんの生徒さん、コンクールにたくさん出てらしてすごいですね。
きっと教え方がいいのでしょうね。

2013/01/28(Mon) | myua | URL | Edit
 

myua さんへ

こんにちは♪

コンクールは 決して生徒さんに進めているわけではないのです。
ただ「情報提供は指導者の義務かな」思い 
「○月○日に○○コンクールがあります、○○検定があります、
参加されたい方はお申し出下さい」
という程度の呼びかけは行っています。

私自身は 自分が長年、チェロやフルートの方達と
トリオやデュオを夢中でやってきたので
やはりコンクールより、アンサンブルをさせる方が楽しいのですが♪

でも 生徒さんが 出たいと言われるからには 
応援せねば・・・!
私も勉強せねば・・・!と
とっても苦戦しているところです(泣)

2013/01/28(Mon) | りゅう | URL | Edit