♪ りゅうピアノ教室 Diary ♪

佐賀県のピアノ教師の日常を、備忘録的に書いていきます。

Entries

ヨコミネ式教育とシュタイナー教育

近くに ヨコミネ式教育を取り入れている幼稚園があります。

ヨコミネ式は早期からの「読み書き計算」や競争を徹底されているようです。

うちに習いにこられる生徒さんも その園の子は3、4歳ぐらいでも字が読めるので

大変教えやすいです。

ただ 学生の頃 学んだ ドイツのシュタイナー教育と

全く 反対の教育法なので いろいろ考えさせられています。

シュタイナーは

「現代の人間はスズメバチのようである」とし、

頭脳ばかり発達して意志が伴わない状態におかれている事を危惧した


ことから 独自の教育法を 生み出されています。

たとえば、シュタイナー教育では 教科書もなく

7歳までは、何週間も絵を描いたりしながら、

1つの教科を数週間学んでいき、豊かな心や 創造性をはぐくむ・・・

そしてまた 14歳までは次のステップ。

というふうに 非常にゆっくり丁寧な教育なので

最初は他の小学校の子と比べると 

あきらかに 学力の遅れもあるそうです。

でも!それなのに 15~17歳ぐらいになると 

医学部に合格するような子が続出してくるそう。

シュタイナー教育のことは 子安美知子さんが 「ミュンヘンの小学生」

という本で紹介されてますが 私は学生の頃 これを読んで

これぞまさしく 本当の教育だ!!ミュンヘンに留学したい!

と興奮した記憶があります。

早期教育を禁止し 幼少期は絵や音楽を通して心を育て、

成長しても、テストをしないシュタイナー教育。

評価は 「その子ががんばってきた過程」だそう。。。。



この間、ヤマハの講座に行ったとき

「音楽は情操教育です!」と 指導者の先生が 言われました。

脳科学者の澤口さんも「習い事はピアノだけでいい」

と言われてます

このお二人の話だけでも「ピアノ」は脳の発達にも情操教育にも

貢献しているようです。

ともかくも こどもさん方の心と頭の発育に

これからもお手伝いができるよう がんばっていきたいと思います。

関連記事

右サイドメニュー

訪問された方の人数です

QRコード

QR