模範演奏(お手本になるCD)の必要性
2013/05/09(Thu)
うちの教室では 初歩の教材は すべて お手本CDのあるものを使っています。

たとえば、ピアノランド、うたとピアノの絵本、ヤマハピアノスタディ。

教室で合わせる伴奏君データは それらに加え バーナムのも持っています。

どこの教室でも それらのCDは 活用されていると思っていましたが

そうでも ないのかな。

よその教室から移ってこられた生徒さんに 

模範演奏CDを お渡ししましたら、

「お手本があるのは いいですねえ!」と

とても喜ばれました

早速 楽しそうに ご自宅で 聞かれているそうです。

もちろん レッスンの時に 私も弾いてみせはしますが

お手本CDは 歌や、オーケストラも加え 音楽性豊かに編集してあるので

ご自宅で毎日聞くと 何と言っても楽しいし

リズム感などの 音楽性も身につくと思います。

幼少の頃の 音楽教育で 一番必要なのは 

「音楽のシャワーをあびせること

皆が毎日 たくさんのシャワーをあびて 音楽大好きっ子に育ってくれますように!!
関連記事
この記事のURL | レッスン風景 | ▲ top
| メイン |