それは、ある合唱団の伴奏をしていた時におこりました
曲目は3曲。

伴奏はそう難易度の高い曲でなく、緊張もせず当日を迎えていました。


楽譜はコピー譜を用意していたのですが、本番で急にエアコンが入り、楽譜が
ピラピラと飛びそうに!

これはいけない、飛ばないように、と小さいペンケースを、楽譜の中央下に、何げに置きました。

安心して順調に弾いていた・・・

のですが、事件は最後におこりました。

指揮者が最後の4小節の変更を、前日に指示されていたのですが、

その変更された音を、ペンケースを置いた場所に書いていたのです

「見、見えない

「ペンケースをどけたい

「でも ピアノを止められないので、どける手がない

・・・結局、必死でごまかし、何とか最後までつないだのですが、汗びっしょり!!

バカみたいなミスです。

仮にも人様にお教えする立場なのに・・・

自戒を込めてここに記しておきます。

ー反省ー

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/22-a69e688a