スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
★ よその教室から移ってこられた生徒さん
2011/11/29(Tue)
小3と小1の女の子がよその教室から
うちにかわってこられて3ヶ月。
三ヶ月前、体験レッスンにこられる際の、

お母様からのお問い合わせのを思い出しちゃいました。

「そちらではレッスンの時、先生が弾いてみせていただけますか?」 と。

私は内心

「は

「レッスンで指導者が弾いて見せるって当たり前でしょ

「なぜそんなことをわざわざ聞くの

と疑問に思いながらも

「はい、いつも弾いていますが・・・」

とお返事。

お会いしてお話を伺いびっくり

前の先生は4~5年間、一度もピアノを弾いてみせて下さらなかったそうで、

知らない曲の宿題の時などは、本当に苦労されていたそうです。

前任者の悪口は書きたくないのですが、

音の出し方、手首の使い方、歌い方ってやはり

弾いてみせるのが、一番手っ取り早いのに、なぜ??

もちろん私も、現役音大生の弾くような上級の曲を、

いきなり「弾いて」

と言われたらビビリますが、初級中級の曲くらい

ピアノ教師だったら、わけないよね、普通

それ以来 ご要望通り、教材他、いろんな曲を

毎週弾いて録音してあげるようにしたら、

これがまた良く練習してこられる

昨日のレッスンでお母様が

「先生のとこに移ってきて、本当に良かったです

3ヶ月で子ども達がすごく変わりました

と言って下さいました。

うふふっ

もっと言って~

と、どこまでも登って行ってしまった私でした。
関連記事
この記事のURL | レッスン風景 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<★ファンモンの「あとひとつ」 | メイン | ★ハンドベル教室でのクリスマスソング練習>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/25-cb9dcf04

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。