★小学生の姿勢についての悩み

どうしてもお腹が前に出て、上半身が後ろにそってしまう子がいます
前、姿勢の大切さについて書いてある、

すご~くためになるを読んだことがあります。

森信三さんの「立腰(りつよう)教育入門」です。

すべての基本は姿勢からで、特に重要なのは

常に「腰骨」を立てておくこと。

姿勢が良くなると、良いことづくめで、成績もあがってくる・・・

と言った主旨だったような気がします。

ピアノを弾く時も、下半身でしっかり支え、

上半身は力をぬいて弾くのが基本なので

腰骨を後ろから、キュッと押して座らせています。

でも、最近、腹筋が弱すぎて、3年生になっても

その姿勢を維持できない子が増えてきました

良い手、良い指の形で弾くためには

まずは正しい姿勢だと思うのに

前に倒れすぎたり、後ろにそりすぎたり、ふにゃふにゃで

なかなか きちんと座れない・・・

どうも、これは、

「幼少頃からの遊びの少なさからくる、基本的な筋力の弱さ」

のような気がします。

私の幼少の頃は野山を走り回って、自然に体を鍛えてたけど

最近は室内の遊びばっかりの子も多いでしょうからね・・・

ピアノを弾く以前に、日頃より体作りをさせなければいけない

と思ってますが なかなか家庭内にまで干渉できないし・・・

週に1、2度 口すっぱく私が 助言していくだけでは

根本的に変わらない気がします。

どなたか、なんか良い方法を教えてくださいませんか


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
月別アーカイブ
訪問された方の人数です
QRコード
QR