遊び弾き
- 2014/08/07(Thu) -
私が幼児期の音楽教育で 大切に思っている、2つのことがあります。

読譜力、など基礎的なことは 当たり前なので ここでは、省きます。

それはまず1つは 「遊び弾き」です。

聞いたことがある曲を 楽譜もなしに

あーでもない、こーでもないと弾きながら 完成させていくことです。

おうちの方は 「そんなのより 教材を 練習しなさい!」と

注意されたりしますが、とんでもない!!

どんどん 弾かせてほしいです。

聞いたものを 手探りで再現していく、

これは 耳と手が すごく 発達するんですよ!!

好奇心から 始まり 

弾けるようになった時の達成感もすごいと思います。

次に、音楽を「聞くこと」が好き、であることです。

できたら幼児期は童謡、小学生からはクラシックの名曲を

日常の中で聞いててほしいです。

もちろんテキスト通りの練習だけでも、実力はついてはいきますが

これらのことを 遊びながら日常にやっている子は

必ず うまくなります。

私も小学生の頃は テキストの進度は 遅かったけど

ピアノで いつも 遊んでいた気がします。

目先の 進度に とらわれず

真の ピアノ好き、音楽好き を 育てていきたいな!!











関連記事
この記事のURL | レッスン風景 | ▲ top
| メイン |