連合音楽会を見てきました
2015/11/19(Thu)
昨日 佐賀市文化会館大ホールで 小学校の連合音楽会があり

二人の生徒さんが 伴奏される、ということなので

聞きに行ってきました。

いつもながら 大きいホール

ここは佐賀で一番大きく1811名収容、音響も素晴らしいホールなのです。

そんなとこで ピアノを弾くなんて さぞかし緊張するだろうな・・・

と やや心配しつつ。

でも 大丈夫だった

じょうずだった

あと いろんな小学校の歌や器楽が聴けて楽しかったです。

中でも ソーラン節を 三味線と太鼓に合わせて歌った小学校のは 

おもしろかったなあ

地域の方と染めた藍染め?のバンダナを首に巻き

地域のご婦人方の三味線も一緒に演奏。

地域交流、日本の良き文化の継承・・・・

すべていいよね!!

もう一つ感心した、ある小学校なのですが

1曲目は 「音程が下がり残念~、 歌い方もちょっと荒いかな~」

と 思って聞いていたら 2曲目は ラテン系の太鼓も使い

体を揺らしながら ノリノリの演奏。

8ビートならともかく、 もっとビートの細かい曲なのですが

こども達は よくのって、体が動き 声もよく出ている

何より 驚いたのは 1曲目は あんなに音が下がっていたのに

この曲は バッチリの音程

「音楽にのって演奏する」大切さを 改めて教えてもらいました。

他の小学校も それぞれ 個性がありおもしろかったです。

皆さん 本当にお疲れさまでした! 

関連記事
この記事のURL | その他音楽 | ▲ top
| メイン |