ピアノ教師をやって約30年。

今の私の師匠は若い先生方です
若い頃から、がむしゃらに音楽をやってきて

いつのまにか立派な中年。

確かにたくさんの勉強と経験は

誰にも負けない、と自負してきました。

でも、それに甘んじてはいけません。

クラシック音楽そのものは変わらないけど、

教材や、教育方法は、時代の流れ、流行みたいなのがあります。

今まで、勉強会費はもちろん、

楽譜、音楽データ、楽器 音楽グッズの購入に

「果たして元はとれているのか・・・」

と思うくらいお金をかけてきました。

でも、それでも、新しい教材やデータが出たら 

購入し、研究しないと

時代から取り残されます。

元はとれなくとも、

好きなことを仕事にできているだけでも「感謝」ですし

そこで私は 若い先生方を「師匠」と決め、教わることにしました。

もちろん各種勉強会にも行きますが、

せっかく、ブログの存在もあるので

最近の私は、いろんな若い先生方をつかまえて 

毎日毎日、質問攻めをしています。

リンクをはらせていただいている先生方

いつもありがとうございます

  

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/48-92b89fec