昨夜は、テレビを見るつもりはなかったのですが、

つい、釘付けになって見てしまいました。

私は 刺激の強いテレビは、

日頃はなるべく見ないようにしています。

なぜなら、単細胞なため、

すぐ感情移入してしまい、

ハッピーエンドでない時などは、

悔しくて悲しくてつらい思いを

ずっと引きずってしまうからです。

近年ではドラマ「仁」を全力投球?して見過ぎて、

最終回の後は、心の病になりそうでした。 

そんな私ですが 

地震から1年たった今こそ

東北の地震の悲惨さ、

救助に当たられた自衛隊の方々のこと、その他・・・

これらのことを、あえて

「目をそむけず、心に焼き付けておこう」

と思いました。

地震のことは、あまりに大きく悲しいできごとなので

簡単に感想を述べることはできません。

ただ・・・・・

「決して忘れずにいよう」

と思いました。

そして、自衛隊の方々のこと。

ご自身も「ご家族が行方不明」という方が

たくさんおられたのに

ご家族を捜しにいきたい衝動を抑えて

1人でも多くの人を救わねば、と

任務、いえ任務以上のことを遂行された

我が身を投げうっての救助活動 。

「感謝」などと、生やさしい言葉で表せないくらい、

深く、胸にささりました。

思わず自衛隊の方々に、心で手をあわせました。

・・・一生涯、決して忘れません。





関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/71-fe2c55bf