もうすぐ89歳になる母が、突然、

目のちらつきと歩行困難が出て

入院しました。

母は、私を含め5人の子育てをし

今では足腰こそ弱ってはいましたが

頭はしっかりし、俳句会のお世話係もこなし

車の運転も、メールもでき、

お琴と三味線のレッスンもかかさず受けて

とても気が若い 自慢の母でした。

いつかは こんな日がくるとは思ってはいましたが

あえて考えようとしなかった私にツケがきました。

今回 入院に際して

お琴の先生や牛乳屋さん、新聞、デイサービス、

俳句会などに欠席の連絡などをしなければいけないのに

私は 連絡先など何も知らず・・・・

家も 隣に住んでいながら

どこに 何を置いてあるか、良く知らない・・・・

病院と家の往復で、バタバタした3日間でした。

母は幸い 意識はしっかりしてますが

物が二重に見えるし

今は歩けません。

母の回復を祈りつつ 

私も、自分に何かあった時のために

いろんなことを きちんと誰にでもわかるようにしとかなきゃな・・・

と痛感した 昨日今日でした。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://karadaongaku.blog.fc2.com/tb.php/98-48fb701a